活性酸素の発生をふせぐには…

余分な活性酸素は遺伝子を酸化・損傷させ、体に様々なトラブルをまきおこす厄介な存在です。

なので、そういったトラブルを回避するためには余分な活性酸素の発生を可能なかぎり抑制する必要があります。
 

こんな事を言ってはおどろく事になるかもしれませんが、実は活性酸素というのは体内で常時発生しています。

ちなみに呼吸によって体内にとりこんだ酸素の2~3%は活性酸素になります。

といっても、呼吸でとりいれた酸素から発生する活性酸素は大した量ではないので、ほとんど問題にはなりません。
 

問題なのはそれ以外で発生する活性酸素です。

いくつかあげますと、本来自然には存在せぬ化学物質・睡眠不足等のみだれた生活習慣・油分多き食事・喫煙・紫外線・食品添加物・ストレス・放射線等です。

活性酸素の発生を抑制するためには可能なかぎり上記のような要因から遠ざかる事が重要なのですが、現実的にはすべてから遠ざかる事は不可能でしょう。

なので、余分な活性酸素への対策は上記以外の他の方法もかんがえる必要があるでしょう。

また、本来、人間の体内にはスーパーオキシドディスムターゼ(略してSOD)酵素という抗酸化力(遺伝子の酸化をふせぐ力)を有する酵素が存在します。
 

この酵素はビタミン(A・C・E)やミネラルが不足すると、生成されにくくなりますので、すこしでも抗酸化力を高めるためにもビタミンやミネラルは可能なかぎり摂取するようにした方がいいでしょう。

あと、核酸という栄養素も抗酸化力を有していますし、核酸は抗酸化力だけではなく、酸化した遺伝子をもとの状態に修復する能力までも有しています。
 

正直いいまして、当記事の最初の方に登場したような活性酸素をふやす要因がとても多いので、SOD酵素だけでは抗酸化の面では不完全です。
 

なので、遺伝子の酸化までも修復する核酸は抗酸化をふくめた遺伝子の酸化の対策をかんがえるならば、非常に有益な栄養素です。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

遺伝子の酸化の詳細

ここでは遺伝子の酸化のつっこんだ話をしていきたいと思います。
 

まず、生物の細胞の中に細胞核というモノが存在し、遺伝子(DNA)はその細胞核の中に存在します。
 

生物の遺伝子(DNA)にはアデニン(A)・チミン(T)・グアニン(G)・シトニン(C)という4種類の塩基が存在しており、下記の図のようにくみあわさって、塩基配列をなしております。

通常であれば、図のようにアデニン(A)とチミン(T)が対をなし、グアニン(G)がシトニン(C)と対をなします。
 

しかし、余分な活性酸素が発生してしまうと、それがグアニン(G)を酸化させてしまい、グアニン(G)が 8‐ヒドロキシグアニン(8-oxoG)に変化してしまいます。
 

さきほどもいいましたが、通常はグアニン(G)はシトニン(C)と対をなすのですが、活性酸素によってグアニン(G)から変化した8‐ヒドロキシグアニン(8-oxoG)はアデニン(A)と対をなします。
 

このようにして、酸化塩基ができ、塩基配列に変化が生じてしまうと、細胞や体を構成する設計図・プログラムの役目をはてしている遺伝子が変化してしまい、細胞が従来とはちがった動き・働きをするようになったりしてしまいます。

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

何が遺伝子を酸化・損傷させるのか?

遺伝子を損傷させる物はいくつかありますが、一番多いといわれるのは活性酸素です。

もしかしたら、あなたはこの活性酸素というモノを耳にした事があるかもしれませんが。

私たちの身体の遺伝子はこの活性酸素によって常に酸化・損傷していると言っても過言ではありません。
 

また、活性酸素を多く発生させる要因としては本来自然には存在せぬ化学物質・紫外線・放射線・睡眠不足等のみだれた生活習慣・油分多き食事・喫煙食品添加物・ストレス等があります。
 

実はこの活性酸素は細胞(内にある遺伝子)を損傷させる反面、本来はそうする前に体内に侵入したウイルスや菌の細胞(内にある遺伝子)を酸化・損傷させる事によってそれらを死や活動不能の状態にし、無害化する機能を有するからです。
 

いわゆる、これが殺菌作用というヤツです。
(この殺菌の仕組は ここの記事 にのってますので、関心ある方はそちらのページもご参照ください)
 

なので、この活性酸素は過剰にあったら、あったで非常にこまるのですが、逆に適量は存在しなかったら、それはそれで非常にこまるのです。
 

つまり、活性酸素は絶対的な悪であるという事はできず、むしろ適切な量の活性酸素は外部から侵入した細菌・ウイルスに対抗するために体内には絶対に必要なモノなのです。
 

しかし、この活性酸素はストレスや喫煙等の何らかの要因によって必要以上に発生してしまいますと、菌やウイルスの細胞(内にある遺伝子)を酸化させて、活動不能の状態にした後(殺菌後)に人体の細胞(内にある遺伝子)までも酸化させてしまいます。
 

このようにして遺伝子が酸化・損傷してしまうのです。
 

しかし、人間の身体というのは酸化・損傷した遺伝子(DNA)を自力で修復する機能をもっていますので、自力修復速度が酸化・損傷する速度を超過していれば、問題はありません。

しかし、何かしらの要因で活性酸素が多量に発生し、それによって、自力修復速度を酸化・損傷する速度が超過してしまうと、酸化・損傷した遺伝子(DNA)は修復されずにその酸化・損傷した状態でありつづけ、身体にさまざまなトラブルをひきおこしてしまうのです。
 

しかし、核酸という栄養素を摂取すれば、遺伝子(DNA)の自己修復速度が促進され、それを元の状態に修復する事が可能なのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

遺伝子の損傷や活性酸素は万病の元

最近の研究では活性酸素等による遺伝子の酸化・損傷は菌やウイルスが原因ではない病気(白血病・認知症・ガン・糖尿病等)の原因である事もわかってきていますし、脱毛症や肌のトラブルや体の疲労感・倦怠感の原因もこれではないかとも言われています。
 

この事は何も私だけの見解ではなく下記の書籍でも記載されている事です。
 

(書籍) ヒトは遺伝子を傷つけて病気になる

(書籍) ガン・成人病・老化のもとを断つ!遺伝子修復物質「核酸」DNA ポイント76
 

これらの理由も活性酸素等による遺伝子の酸化・損傷による設計図・プログラムの異常化であります。
(遺伝子は人間や動物の体の設計図・プログラムのような役割をはたしています)
 

これらが正常である限りは従来の動きをしていて、そういった病気になったりはしないようになってるのですが、活性酸素等により遺伝子が損傷してしまうと、プログラムや設計図が従来のモノとちがうモノに変更されてしまい、細胞が従来とはちがった動き・働きをするようになったりします。
 

こうして、ガンや白血病・認知症・糖尿病等の症状のキッカケとなる異常な細胞がつくられます。
 

この異常状態になった細胞等は少数であれば、さほど害はないのですが、この細胞等が細胞分裂によって増殖し、一定数に達すると、こういった症状が出現してくるのです。
(体内での殺菌の仕組もこれと同様です。 活性酸素はこのようにして細菌やウイルスを重病においこんで、活動不能の状態にします)
 

なお、遺伝子の損傷場所等によって、発症する病気がちがってくると言われています。
 

なので、核酸を体内に補給し、遺伝子の酸化・損傷を修復する事によって、それらの病気の予防や対策をする事が可能となります。
 

それにくわえて、核酸は酸化・損傷した細胞の修復だけでなく細胞(内にある遺伝子)を酸化させる必要以上の活性酸素を抑制する機能もあります。
(これを抗酸化作用といいます)

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 
 

なお、ここで話した事よりも、さらに、遺伝子の酸化・損傷の詳細をご存知になられたい方は下記のリンク先をご覧ください。

⇒ 遺伝子酸化の詳細

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

損傷した遺伝子の修復力は年々低下する

本来であれば、人体には活性酸素等により酸化・損傷した細胞(内にある遺伝子)を修復する機能がありますので、
活性酸素等による一定量までの細胞(内にある遺伝子)の酸化はすぐに修復されて、元の普通の細胞にもどりますので、さほど問題にはなりません。
 

しかし、活性酸素等によって酸化・損傷した遺伝子を有する細胞が過剰に発生してしまうと、それに修復速度がおいつかなくなり、体内に異常細胞が出現・増加していきます。
 

また、酸化・損傷した遺伝子(DNA)を修復する能力は加齢とともに低下していきます。
 

そして、その酸化・損傷した遺伝子を有する異常細胞が細胞分裂によって増加していき、これがある程度の量を超過して、蓄積してしまうと、ガン・白血病・認知症等の体内から生じる病気にかかったり、肌にたるみやシワ・老化が生じてきたり、ハゲになったり、倦怠感・疲労感を感じるようになったり等の症状が出現してくるのです。
 

なので、別の表現をすれば、この活性酸素等により酸化・損傷した細胞をもとの正常な細胞に修復する事がそういった症状の対策となるわけです。
 

それが可能なのが栄養素が核酸という栄養素なのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

核酸を多くふくんだ食材

核酸は20歳くらいまでは体内の肝臓で生成されますので、その年齢くらいまでは特に外部から摂取する必要はありませんが、20歳をすぎたあたりから体内では生成できなくなり、核酸を体内に入れるためには外部から摂取する必要性がでてきます。
 

ちなみに核酸は体重50kgの人では1日に1g摂取する必要があると言われています。
 

ただ、肝臓の機能が弱っている中高年や高齢者の方、肝臓に負担をかけてる方(飲酒量や薬の摂取量が多い方)、運動の機会が多い方や肥満の方は1日に1.5~3g必要とされてます。
 

核酸は主に和食で使用される食材に多くふくまれております。
 

海産物関連の食材ですと、サケの白子・フグの白子・アサリ・ハマグリ・カキ・海苔・鰹節・ちりめんじゃこ、キノコ類ですと、エノキ・シメジ・マイタケ・シイタケに核酸が多くふくまれています。
 

これらの中でも圧倒的に核酸量が多いのが「サケの白子」です。
 

その次に多いのはフグの白子等の白子です。
 

正直いいまして、白子以外のモノは核酸の含有量が少ないので、かなり多量にたべないと、一日に十分な量を摂取できません。
 

たとえば、イワシであれば、バケツ1杯分、A4サイズの板海苔であれば、約70枚、卵ならば、約40個たべる必要があります。
 

一日にこんなにたくさんのイワシや海苔・卵をたべる事など到底できませんよね。

なので、食材からの核酸の摂取には白子が理想です。
 

ですが、、サケ等の白子はコレステロールが多いので、摂取量にも限界があります。

たしかに、サケの白子は圧倒的に核酸量が多い事は事実なのですが、コレステロールの問題もありますし、毎日入手できるモノでもありません。

なので、核酸はサプリメントや健康補助食品等での摂取がのぞましいです。
 

それらはサケの白子の余分なコレステロールや油分がカットされており、核酸を摂取しやすいように製造されていますので。
 

⇒ 核酸が主成分であるサプリメントの一覧
 

ちなみに私は核酸ドリンクという核酸が主成分の飲料タイプのサプリメントを摂取していて、この核酸ドリンクはサケ白子抽出物(DNA含有)をベースとして、つくられており、サケの白子の余分なコレステロールや油分がカットされております。

核酸の摂取を目的とされる方が飲用しやすいように製造されております。

⇒ この製品の詳細をみる
 

この製品は体重50kgの人で1日に30ml~60mlを目安にのむと、いいでしょう。

あと、効果的な飲用法としては食事中や食事の直後がよくかつ、これの飲用直後は水などをのんで、流しこむようにするといいでしょう。

現在、私はこの製品で核酸を摂取しておりますが、これの飲用の開始から数ヶ月経過後に友人・知人からは

「何かしたのか? 前よりも肌が若返った気がするんだけど。前は年齢よりフけた感があったが、今はそんな感じはしないな」とも言われました。

そのうえ、これの飲用開始から4・5日経過後には体のダルさが軽くなったり、朝の寝起がよくなりました。

そして、今は核酸をほぼ毎日、体内に入れてるせいか、体がダルいと感じる事はほとんどありません。

睡眠時間も短くなり、これの飲用開始前までは5時間の睡眠時間では体がダルくて・重くて、日中は十分に活動できない状態で、8時間の睡眠時間をとっても十分に活動できぬ事はないとはいえ、体がダルいと感じる状態でしたが、これの飲用開始後からは5時間の睡眠時間でもあまりダルさ・疲労感を感じぬようになりました。

また、腹の減りがこれの飲用開始前よりも早くなった気がします。(おそらく体内のカロリーの消耗量が増加したのでしょう)

なので、この製品はダイエットにも効果があると思われます。

あと、頭髪がのびるのが早くなりました。
 

⇒ 核酸が主成分であるサプリメントの一覧
 

産後の疲労回復に有効な裏技的サプリメント

結論から言いますと、産後や授乳中の体力回復には核酸という栄養素が入ったサプリメントが有効です。

と言いますのも、この事はあまり認知されていない事なのですが、実は疲労感の原因の1つには「遺伝子の損傷」があげられ、その遺伝子の損傷を修復する機能を有する栄養素が核酸だからです。

※その詳細は「このページ」をご覧ください。

特に授乳中の方はこの核酸が不足しがちになります。

なぜかというと、母親が乳児にあげる母乳にはこの核酸がたくさん入っているからです。

つまりは授乳中の母親は乳児に核酸をあげるために自分自身が核酸不足におちいっているというわけです。

ちなみに赤ちゃんに母乳をのませずに粉ミルクだけでそだてると、健康に悪影響がでると言われるのは普通の粉ミルクにはこの核酸が入っていないというのも原因の1つです。

核酸というのは健康等を健全に維持していくためには重要な栄養素なのです。

⇒ 核酸含有のサプリメント

肌トラブルとDNA(遺伝子)の損傷との関係

遺伝子(DNA)というのは簡単に言いますと、非常に精密にプログラムされた生物の設計図のようなものです。

皮膚・毛髪・内臓・骨・細胞などはこの遺伝子をもとに構成されます。

肌のトラブルに限った話をいたしますと、遺伝子は肌(皮膚)を正常に構成する機能を有しております。

つまり、肌の構成に必要な栄養素等が十分にたりていて、遺伝子が正常である限りは肌は綺麗でいる事ができます。

しかし、活性酸素等によって遺伝子が酸化・損傷し、肌を構成する設計図やプログラムが本来のモノとちがうモノと変化してしまうと、肌を構成する細胞の新陳代謝が正常になされぬようになったり、肌を構成する物質(コラーゲン等)が変質してしまったり、それらがちゃんと生成されなくなったり、生成されたとしても不完全な状態で生成されてしまう等の事がおきてしまいます。

その結果、肌にさまざまなトラブルが発生してしまい、肌の老化・たるみ・シワ・肌荒れ等が生じるようになります。

これが遺伝子の損傷によって肌にたるみ・シワ・老化等のトラブルが生じてしまう仕組です。

つまり、活性酸素等によって遺伝子が損傷して、肌を構成する設計図やプログラムが狂ってる状態ではいくら外部からクリームや化粧水をぬったりしても所詮は短期的・その場しのぎ的な措置にしかならないし、いくら美肌効果があるとされるコラーゲンやビタミン等を摂取しても肌を構成する設計図やプログラムが狂ってる以上は肌が正常に構成されるハズなどないのです。

しかし、その遺伝子(DNA)の損傷を修復した上でそういった事をすれば、肌のたるみ・シワ等から脱却する事が可能なのです。

そのその遺伝子(DNA)の損傷を修復する事が可能なモノが核酸という栄養素なのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

抜毛・脱毛症とDNA(遺伝子)の関係

ハゲや薄毛等の抜毛・脱毛症とDNA(遺伝子)は大きく関係しています。

というのもハゲ等は毛髪の生成に関係する器官の細胞内のDNA(遺伝子)の酸化・損傷によって発生するからです。
 

そもそも、遺伝子(DNA)というのは簡単に言いますと、非常に精密にプログラムされた生物の設計図のようなものです。

そして、皮膚には毛髪を生成する器官である毛包が存在し、その毛包にある幹細胞が毛髪をつくる細胞を生成していて、この毛包幹細胞が細胞分裂をして、毛髪が正常に生成されていきます。

この毛包幹細胞内の遺伝子(DNA)が正常であるかぎりは毛髪は正常に生成されますが、紫外線や活性酸素等で毛包幹細胞内のDNA(遺伝子)が損傷してしまうと、プログラムや設計図が本来のモノとちがうモノに変更されてしまいます。

その結果、毛髪が正常に生成されなくなり、こうして人体にとって正常でない白髪や薄毛やハゲの状態になったりしてしまいます。
 

で、こうした状態から脱却するためには遺伝子(DNA)の酸化・損傷を修復してやればいいのですが、そのDNAの酸化・損傷を修復するモノが核酸という栄養素です。
 

乳児に授乳中の母親に抜毛や肌の老化等の症状がみられるのは乳児に授乳させる母乳の中にこの核酸がたくさん入っており、授乳中の母親が核酸不足の状態になっているからです。
 

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村