フォーデイズ核酸ドリンクの口コミ・体験談

いま注目の核酸を手軽に摂取できるという【フォーデイズ核酸ドリンク】を購入してみました!

私自身が実際にのんでみた体験談を記載しましたので、よければ、参考にしてください。
 

■ 実際にフォーデイズ核酸ドリンクをのんでみました。

201509032330

201509032330

 
味はパイナップルジュースに近いような味でわりと飲みやすいですね。

ただ、人によってはこれを甘いと感じる人もいますので、甘いのがあまり好きではない方は苦手に思うかもしれません。

そんな時は口にはふくまず、一気にノドの奥にながしこむようにすればいいでしょう。

ちなみに、飲用量の目安としては体重50kgの人で1日に30ml~60mlです。

あと、効果的な飲用法としては食事中や食事の直後がよく、かつ、これの飲用直後は水などをのんで、流しこむようにするといいでしょう。

また、一日に1回ではなく、2・3回にわけて飲用するといいでしょう。

 

■自分自身の核酸ドリンク体験談

私自身は何か重大な病気をもっているわけではないので、これを飲用してから、何か病気が改善したとかはありませんが、下記のような実感がえられました。

・飲用開始から4・5日後には体のだるさや疲労感が激減し、朝の寝起が格段によくなった。

・これの飲用開始から数ヶ月経過後に友人・知人からは「前は年齢よりフけた感があったが、今はそんな感じはしない。 以前よりも肌が若返った気がする」と言われるようになった。

・腹の減りがこれの飲用開始前よりも早くなった気がする。(おそらく体内のカロリーの消耗量が増加した…?)

・頭髪がのびるのが早くなりました(これは少々迷惑な事ですが、汗)

 

■自分以外の核酸ドリンクの口コミ・評判

以下のモノは私以外の核酸ドリンクに対する感想等です。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=274768&id=1761107&comment_count=74

1
 

⇒ 核酸ドリンクの販売サイトはコチラ

遺伝子(DNA)の役割と老化と病気になる仕組

遺伝子(DNA)というのはすべての生物の細胞に入っていて、生物の設計図やプログラムのような役目をはたしています。
 

しかし、この遺伝子(DNA)が活性酸素等によって酸化・損傷すると、設計図やプログラムが変化してしまい、細胞が従来の活動ではなく、異常な活動をするようになってしまいます。
 

こういった従来の活動をする事ができなくなった異常細胞が細胞分裂によって増殖し、それが一定量を超過すると、体のさまざまな部位でトラブルが発生してしまいます。
 

※ 上記の内容の詳しい説明等をしりたい方は
当サイトのサイドバーにある各記事をご覧ください

 

たとえば、マトモに機能しなくなった細胞は自己消滅するようになってますが、遺伝子(DNA)が損傷すると、そういった不要な細胞がそのまま生存しつづける事となり、その不要な細胞がそのまま半永久的に細胞分裂をつづけ、周囲の正常な細胞・組織を圧迫して、それらを破壊したりします。
(これはガンの簡単な仕組)
 

他にも遺伝子(DNA)が酸化・損傷する事によって、本来生成されるハズのタンパク質等が生成されなくなり、従来とはちがう別のタンパク質等が生成されるようになり、こういった遺伝子をもつ細胞が細胞分裂で増殖する事で、その結果、肌に様々なトラブルをまきおこしたりしてしまいます。
(肌の老化や肌のトラブル等)
 

これらが老化や体内から生じる病気の仕組です。
 

ですので、老化の進行をすこしでもおそくしたり、体内から生じる病気の予防・対策をするためにはこの遺伝子(DNA)の酸化・損傷をくいとめたり、それを修復する事がカギとなってきます。
 

では、どうしたら、遺伝子の酸化・損傷を修復したりできるのかと言いますと、核酸という栄養素を摂取する事です。
 

というのも、核酸という栄養素には遺伝子(DNA)の酸化・損傷を修復したり、遺伝子(DNA)が酸化・損傷しにくいようにしたりする機能があります
 

なので、積極的に核酸を摂取する事によって遺伝子の酸化・損傷を修復したり、それをふせぐ事が老化の進行をすこしでもおそくしたり、体内から生じる病気の予防・対策につながるのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

遺伝子の酸化・損傷と疲労・倦怠感の関係

疲労やだるさ・倦怠感の大きな原因として「体力の消耗」「睡眠不足」「栄養・エネルギー不足」などがあげられます。
 

なので、疲労やだるさを解消したければ、上記のような事を改善してやればいいのです。
 

しかし、世の中のけっこうな割合で「8時間くらい睡眠をとったのに、体がだるく感じる」とか「栄養ドリンク等でも栄養を補給してるのに、改善しない」という人がいます。
 

なぜ、こういう事がおこってしまうのか…?
 

結論からいえば、こういう人は活性酸素等によって遺伝子が酸化・損傷していて、そのために体に必要な栄養素や酸素の各部位への運搬が不十分になってしまっているからなのです。
 

これはどういう事かといいますと、まず、遺伝子(DNA)というのは簡単に言いますと、非常に精密にプログラムされた生物の設計図のようなものです。
 

皮膚・毛髪・内臓・骨・細胞などはこの遺伝子をもとに構成されますし、栄養素等の運搬や血流などもこの遺伝子(DNA)の情報をもとに実行されます。
 

しかし、活性酸素等によって遺伝子が酸化・損傷してしまうと、プログラムや設計図が本来のモノとちがうモノに変更されてしまい、血流がにぶくなったりして、体に必要な栄養素や酸素が正常に運搬されなくなってしまいます。
 

その結果、エネルギーを十分に生産できない事態におちいったり、血流の悪化により不要な老廃物や二酸化炭素を体外に排出する事ができなくなり、それらが身体の中に長時間とどまる事となります。
 

こうして、それらの事により体のパフォーマンスが低下し、体が疲労やだるさを感じてしまうのです。
 

つまり、活性酸素等によって遺伝子が酸化・損傷して、設計図やプログラムが狂ってる状態ではいくら栄養をちゃんと摂取しても栄養ドリンク等で栄養を補充しても睡眠を十分にとっても疲労・だるさの解消はできるハズなどないのです。
 

別の表現をすれば、そういう事をしても疲労や体のダルさが改善しない場合は遺伝子(DNA)の酸化・損傷の修復さえできれば、疲労やだるさの対策に十分になるわけです。
 

その活性酸素等による遺伝子(DNA)の酸化・損傷を修復できる栄養素が核酸という栄養素なのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村