遺伝子の酸化・損傷と疲労・倦怠感の関係

これは意外に思うかもしれませんが、実は疲労感や倦怠感(だるさ)の原因の1つに「遺伝子の損傷」というモノがあげられます。

「8時間くらい睡眠をとったのに、体がだるく感じる」とか「ビタミン等の栄養補給もちゃんとできてるハズなのに、疲労感がぬけない」という人がけっこうな割合でいますが、そういう人はこの「遺伝子の損傷」をうたがった方がいいかもしれません。
 

活性酸素等によって遺伝子が酸化・損傷してしまうと、体内のプログラムや設計図が本来のモノとちがうモノに変更されてしまい、血流がにぶくなったりして、体に必要な栄養素や酸素が正常に運搬されなくなってしまいます。
 

その結果、エネルギーを十分に生産できない事態におちいったり、血流の悪化により不要な老廃物や二酸化炭素を体外に排出する事ができなくなり、それらが身体の中に長時間とどまる事となります。
 

こうして、それらの事により体のパフォーマンスが低下し、体が疲労やだるさを感じてしまうのです。
 

ちなみに、その活性酸素等による遺伝子(DNA)の酸化・損傷を修復するためには核酸という栄養素の摂取が必要なのですが、実はほとんどの現代人はこの核酸を十分に摂取できておりません。

ですので、睡眠・水分・ビタミン等を十分に摂取してるのに、だるさ・疲労感が解消しないという方はこの核酸を多くふくんだ食材を摂取してみる事がいいでしょう。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

この記事をよんで、参考になったと思われたら、それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

コメントを残す