肌トラブルとDNA(遺伝子)の損傷との関係


遺伝子(DNA)というのは簡単に言いますと、非常に精密にプログラムされた生物の設計図のようなものです。

肌に限定した話をいたしますと、遺伝子は肌(皮膚)を正常に構成する機能を有しております。
 

しかし、その肌を構成する細胞内の遺伝子が損傷する事で肌の新陳代謝が正常になされぬようになったり、肌を構成する物質(コラーゲン等)が変質してしまったり、それらが正常に生成されなくなったりしてしまう等の事がおきてしまいます。

【参考URL】 ⇒ DNAを損傷させるモノ
 

その結果、肌の老化・たるみ・シワ・肌荒れ等といった肌トラブルが生じるようになってくるのです。

ちなみに、核酸という栄養素にはその遺伝子の損傷を修復する機能があります。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

コメントを残す