DNAが損傷する要因


「活性酸素」という存在を一度は耳にした事があるとは思いますが、実はこれがDNAを損傷させるのです。

私たちの体内のDNA(遺伝子)はこの活性酸素によって常に酸化・損傷していると言っても過言ではありません。
 

活性酸素とは…

活性酸素は悪の元凶のようにきこえますが、実は生物の体内には必要な存在であり、体内に侵入したウイルスや菌の細胞(内にある遺伝子)を
酸化・損傷させる事によってそれらを死や活動不能の状態にし、無害化する機能を有するからです(これが白血球による殺菌の仕組です)。

ただ、これが過剰にあり、DNAを損傷させる速度が損傷したDNAの修復速度を超過すると、さまざまな悪影響を体にあたえます。

ちなみに、活性酸素を多く発生させる要因としては本来自然には存在せぬ化学物質・紫外線・放射線・睡眠不足等のみだれた生活習慣・油分多き食事・喫煙食品添加物・ストレス等があります。
 

損傷したDNAを修復する方法

もともと体内には自力で損傷したDNAを修復する機能がそなわってますので、DNAの損傷速度を低下させる事でDNA損傷の修復が円滑になされるようになります。

ですので、前述した活性酸素を過剰に発生させる行為を極力しないようにする事が重要です。

また、核酸という栄養素は遺伝子(DNA)の損傷を修復する機能を有しておりますので、この核酸の摂取も有効な行動です。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

コメントを残す