損傷した遺伝子の修復力は年々低下する

本来であれば、人体には活性酸素等により酸化・損傷した細胞(内にある遺伝子)を修復する機能がありますので、
活性酸素等による一定量までの細胞(内にある遺伝子)の酸化はすぐに修復されて、元の普通の細胞にもどりますので、さほど問題にはなりません。

しかし、活性酸素等によって酸化・損傷した遺伝子を有する細胞が過剰に発生してしまうと、それに修復速度がおいつかなくなり、体内に異常細胞が出現・増加していきます。

また、酸化・損傷した遺伝子(DNA)を修復する能力は加齢とともに低下していきます。

そして、その酸化・損傷した遺伝子を有する異常細胞が細胞分裂によって増加していき、これがある程度の量を超過して、蓄積してしまうと、ガン・白血病・認知症等の体内から生じる病気にかかったり、肌にたるみやシワ・老化が生じてきたり、ハゲになったり、倦怠感・疲労感を感じるようになったり等の症状が出現してくるのです。

なので、別の表現をすれば、この活性酸素等により酸化・損傷した細胞をもとの正常な細胞に修復する事がそういった症状の対策となるわけです。

それが可能なのが栄養素が核酸という栄養素なのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…

この記事をよんで、参考になったと思われたら、
それぞれぽちっとクリックしてくれると、うれしいです。
↓↓↓


ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です