核酸を多くふくんだ食材

核酸は20歳くらいまでは体内の肝臓で生成されますので、その年齢くらいまでは特に外部から摂取する必要はありませんが

20歳をすぎたあたりから体内では生成できなくなり、核酸を体内に入れるためには外部から摂取する必要性がでてきます。

ちなみに核酸は体重50kgの人では1日に1g摂取する必要があると言われています。

ただ、肝臓の機能が弱っている中高年や高齢者の方、肝臓に負担をかけてる方(飲酒量や薬の摂取量が多い方)、運動の機会が多い方や肥満の方は1日に1.5~3g必要とされてます。

核酸は主に和食で使用される食材に多くふくまれております。

海産物関連の食材ですと、サケの白子・フグの白子・アサリ・ハマグリ・カキ・海苔・鰹節・ちりめんじゃこ、キノコ類ですと、エノキ・シメジ・マイタケ・シイタケに核酸が多くふくまれています。

これらの中でも圧倒的に核酸量が多いのが「サケの白子」です。

その次に多いのはフグの白子等の白子です。

正直いいまして、白子以外のモノは核酸の含有量が少ないので、かなり多量にたべないと、一日に十分な量を摂取できません。

たとえば、イワシであれば、バケツ1杯分、A4サイズの板海苔であれば、約70枚、卵ならば、約40個たべる必要があります。

一日にこんなにたくさんのイワシや海苔・卵をたべる事など到底できませんよね。

なので、食材からの核酸の摂取には白子が理想です。

ですが、、サケ等の白子はコレステロールが多いので、摂取量にも限界があります。

たしかに、サケの白子は圧倒的に核酸量が多い事は事実なのですが、コレステロールの問題もありますし、毎日入手できるモノでもありません。

なので、核酸はサプリメントや健康補助食品等での摂取がのぞましいです。

それらはサケの白子の余分なコレステロールや油分がカットされており、核酸を摂取しやすいように製造されていますので。

⇒ 核酸が主成分であるサプリメントの一覧

ちなみに私は核酸ドリンクという核酸が主成分の飲料タイプのサプリメントを摂取していて、この核酸ドリンクはサケ白子抽出物(DNA含有)をベースとして、つくられており、サケの白子の余分なコレステロールや油分がカットされております。

核酸の摂取を目的とされる方が飲用しやすいように製造されております。

⇒ この製品の詳細をみる

この製品は体重50kgの人で1日に30ml~60mlを目安にのむと、いいでしょう。

あと、効果的な飲用法としては食事中や食事の直後がよくかつ、これの飲用直後は水などをのんで、流しこむようにするといいでしょう。

現在、私はこの製品で核酸を摂取しておりますが、これの飲用の開始から数ヶ月経過後に友人・知人からは

「何かしたのか? 前よりも肌が若返った気がするんだけど。前は年齢よりフけた感があったが、今はそんな感じはしないな」とも言われました。

そのうえ、これの飲用開始から4・5日経過後には体のダルさが軽くなったり、朝の寝起がよくなりました。

そして、今は核酸をほぼ毎日、体内に入れてるせいか、体がダルいと感じる事はほとんどありません。

睡眠時間も短くなり、これの飲用開始前までは5時間の睡眠時間では体がダルくて・重くて、日中は十分に活動できない状態で、8時間の睡眠時間をとっても十分に活動できぬ事はないとはいえ、体がダルいと感じる状態でしたが、これの飲用開始後からは5時間の睡眠時間でもあまりダルさ・疲労感を感じぬようになりました。

また、腹の減りがこれの飲用開始前よりも早くなった気がします。(おそらく体内のカロリーの消耗量が増加したのでしょう)

なので、この製品はダイエットにも効果があると思われます。

あと、頭髪がのびるのが早くなりました。

⇒ 核酸が主成分であるサプリメントの一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です